次へ

    前へ

    ネットもテレ東

    2013.10.7

    10月11日放送の音流は
    locofrankとテスラは泣かない。から村上さんと吉牟田さん

    10月11日放送の音流、1組目のゲストはlocofrankの皆さん!!

    結成15周年!!日本のメロディックパンクを代表するバンドlocofrankの皆さんがご来店。

    自身5枚目となるフルアルバム『Signs』は、約1年ぶりの単独音源になります。今年6月に発売されたHAWAIIAN6、dustboxとのスプリットアルバムに収録していた曲を含む、全13曲入りのアルバムです。

    裏メニューではlocofrankの前のバンド名のお話を伺いました。
    まさかそんな理由で、そんな名前に…さらにだいぶ長い間使用されていたようですが改名自体に増子さん大賛成でした。

    増子さんとの熱いパンク談義に注目だぜ!!

    2組目のゲストはテスラは泣かない。から村上さんと吉牟田さん!!

    鹿児島県在住、男性3人女性1人からなる4ピースバンド テスラは泣かない。から村上さん、吉牟田さんに遊びに来ていただきました。

    実はテスラは泣かない。とマイちゃんの所属するCzecho No Republicは同じ事務所!ライブとは打って変わって静かなお2人にマイちゃんが珍しく先輩風を吹かせていました。

    1stミニアルバム『Anderson』は7曲入り。表題曲の『アンダーソン』はプロデューサーにクラムボンのミトさんを迎え、美しいピアノのフレーズに切れ味鋭いギターとスリリングで疾走感あふれる楽曲です。

    ドリンクは鹿児島から“桜島マグマソーダ”をお持ち頂いたぜ!!
    MCの2人が音楽だけではなくファッションからライフスタイル、はたまた生き様まで紹介してくれるコーナー

    その名も増子直純の「増子道」とタカハシマイの「イマタカハシ」

    今回は「増子道」

    来年1月の怒髪天日本武道館公演までを追うこの企画
    “武道館への道”の第二歩!!
    またもやスタッフ君が増子さんに無茶なお願いを…果たしてどうなる!?
    『ランナーズハイ』/soulkids

    『ネバーランド』/Czecho No Republic

    『HAHAHA』/PEANUTS FOR A PARTY BOY

    『運命線ビリーバー』/井上苑子

    『ありがとう』/D.W.ニコルズ

    『愛してやまない』/惑星アブノーマル

    出演者紹介

    増子直純(怒髪天)

    <オーナー>
    夏を愛する愉快なオーナー
    ふらっとお店に現れては、3人娘にどやされながらも、店が楽しい空間になっているのをニコニコと見守っている。

    タカハシマイ(Czecho No Republic)

    <店長>
    3人娘のうち、長男らしい長女のような存在。きっぷのいいお酒大好き。
    店長の自覚を持ってお店を仕切っているが、持ち前の天然さゆえの変化球を豪快に投げる時も。

    荻野可鈴(夢みるアドレセンス)

    <店員>
    店の元気印。小悪魔的な一面も持つ3人娘の次女的存在。
    増子オーナーとマイ店長のフォローもこなしつつ、せっせとよく働く、出来る女子。

    栗林藍希(女優)

    <店員>
    お店のニューカマー、幼くもビューティーな3人娘の三女的存在。 若くしてアート系女子。3人からは末っ子として可愛がられているが、それゆえ自由奔放にすくすくと育っている。